―――――――  ボランティア活動情報  ―――――――

 

■10月15日(
『熊本・九州おやじ応援隊!』 阿蘇市農作業ボランティア
第2回 「おやじ」たちによる 熊本地震復興応援バスツアー

10月15日に、第2回「おやじ」たちによる 熊本地震復興応援バスツアーを実施しました。
今回は、阿蘇市はな阿蘇美のイチゴハウスで、農作業支援を行いました。

はな阿蘇美に到着し、イチゴハウスを管理している木之内農園の方から、被害の状況と今日の作業についての説明を受けました。
 

地震ですべて倒れてしまっていたイチゴスタンドが、ハウスの中に立ち並んでいました。 土を運んで、苗を植えるために土を入れていきました。
  

植えられた苗の周りに、マルチを貼っていきます。これで色が良くなったり、雑草を押さえることができるそうです。 自然が相手の農作業なので、地震被害のために時期を外してしまうと生育できないということに、改めて気づかされました。 また、帰りには、阿蘇山噴火の火山灰の被害に遭ったリンゴ園の見学も行いました。
  
 

(「おやじ」たちによる 熊本地震復興応援バスツアー ・福岡県共助社会づくり基金の助成事業)

 

■9月11日(
『熊本・九州おやじ応援隊!』 
第1回 「おやじ」たちによる 熊本地震復興応援バスツアー(西原村)

9月11日に、第1回「おやじ」たちによる 熊本地震復興応援バスツアーを実施しました。

◆ まずは熊本城に行き、崩れた石垣や建物を目の当たりにし、地震の被害の大きさに声が出ませんでした。
  

◆西原村では、5年前に全国おやじサミットを開催した会場で、震災直後から今までの状況やおやじたちが取り組んできたことをうかがいました。
  

◆その後、南阿蘇村立野地区で、木之内農園とその周辺の様子を見学しました。
  

今回は、話を聞いたり、状況を見たりする活動でしたが、参加者は「多くの方に今の状況を伝えることで、支援を息長く続けていくことにつながる」という思いを強くしました。

 

 (「おやじ」たちによる 熊本地震復興応援バスツアー ・福岡県共助社会づくり基金の助成事業)